Home教育キャリアパスと取り組み

キャリアパスと取り組み

取組と学生のキャリアパス図

「アドミッションポリシー(学生受入方針)」

生物統計学に興味があり、熱意のある方を広く募集します。出身学部は問いませんが、統計学に関する一定の素養が必要となります。例えば、

  •  数理・情報科学系の学生で、医学・医療への応用に特に興味があり、将来この分野で仕事・研究がしたい方。
  •  生物・医・薬学系の学生で、数学・統計学が得意であり、生物統計、遺伝統計、バイオインフォマティクスの専門家になりたい方。
  •  物理系の学生で、医学での大規模データの解析に興味がある方。
  •  医・薬学系等の学生で、臨床研究のデザインと解析に興味があり、臨床研究の実務統計家、または、プロジェクト管理の専門家をめざしたい方。
  •  人文・経済系の学部・大学院で統計学をかなり勉強したが、医薬系への転身を考えている方。
  •  製薬企業、CROなどに勤めているが、より高度な生物統計の専門性を身につけ、将来的には生物統計の責任者として活躍したい方。海外の試験統計家と互角に渡り合えるようになりたい方。
  •  医薬品の規制当局 ((独) 医薬品医療機器総合機構 (PMDA)) の統計審査官になりたい方。
  •  生物統計の専門家となって、行政的な研究プロジェクトに参画してみたい方。

など

生物統計の研究と実践では、基本的な統計的方法についての正しい理解が大前提です。これは、最低限の数学・統計学の知識なくしては難しいでしょう。大学の学部や修士課程の講義・ゼミなどで数学・統計学の勉強をした経験がない方(あるいは自信のない方)は、入試までにそれなりの独学が必要でしょう(テキストを紹介します)。また、入学後も必要に応じて補習を受けるなどが必要となります。

なお、生物統計の実践では、医学研究の研究者(医師含め)との共同研究を行いますので、ある程度の協調性、コミュニケーション・対話能力が必要とされます。

「大学院講義」

生物統計学のコンセプトと標準的な方法について学びます。理論・方法論に興味がある方は、より高度な数理を伴うアドバンストな内容についても学べます(選択制)。大学院講義の詳細についてはこちらをご覧ください。

「生物統計の実践」

修士・博士課程を問わず、かなり早い段階から生の医学研究に触れる機会が与えられます。すべての教官は、名大内外の多くの医学研究に共同研究者等の立場で参画しています。そこに加わる機会が与えられることで生物統計の実践全般に触れることができます。

「生物統計の研究」

生物統計の研究テーマは、各人の興味、希望進路等を尊重して決めます。生物統計学の教官は、常に多くの研究テーマに取り組んでいます。もしその中に面白そうなテーマがあれば、そこから研究をスタートしてもよいでしょう。もちろん、これまでになかった新しい方向性・テーマを持ち込んでの研究も歓迎します。高度な数理を用いての新しい統計的方法の開発研究、既存の統計的方法を用いての生物統計の新しい実践の開拓、あるいは、生物統計のよりよい実践(good practice)に資する研究など、どれも生物統計学の重要な研究です。

「将来のキャリアパス」

生物統計学の学生の皆さんには、将来、産・官・学のすべてにおいて活躍の場が用意されています(どこも人材不足です)。代表的なものとしては、

  •  大学等研究機関の生物統計学、バイオインフォマティクスの研究者・教官
  •  大学病院・データセンターの実務統計家、プロジェクトマネージャー
  •  製薬企業の試験統計家
  •  医薬品規制当局の統計審査官

などがあります。

名大生物統計学教室では、各人の希望進路や適性等に応じたきめの細かな指導を心がけています。

以上のように、生物統計の基礎をしっかりと身につけた上で、生物統計の研究と実践に真摯に取り組んだ方には、将来どの進路に進んだとしても、きっと大きな可能性が待っていることでしょう。